信用取引とは?

信用取引とは文字通り「信用してもらって商品の売買を行う」取引方法です。

代金が伴う取引の場合、原則としてその場でお金と現物の交換が行われることになります。

信用取引の場合はお金の支払いを後に延ばすことができるのです。

株式投資で広く使用されている方法です。

この信用取引の特徴は現在手元に資金がなくても取引ができること、自己資金以上の取引ができるという点にあります。

つまり、現在の資金力以上に大きな取引を行うことによって高い利益を目指すことができるわけです。

また、信用取引では空売りができるという点も重要です。

つまり、将来買い戻すことを約束することで商品の売却代金を受け取り、その後約束どおり買い戻すという方法です。

この場合、株価など価格の下落が予想される商品を所有していない場合でも利益を目指すことができる優れた方法となります。

下げ相場においても、お金をもうけることができるわけです。

この信用取引を行うためには証券会社に口座を開設し、保証金を振り込む必要があります。

この保証金や、所有している有価証券を担保として信用を得ることになるのです。

ですから、売買の状況によっては担保が十分ではない、つまり信用が低下してしまい新たな保証金の追加が発生する場合もあります。

これを「追証」と呼んでいます。

なお、信用取引の期限は6ヵ月。

商品が思うような値動きをしていなくても6ヵ月以内に清算する必要があるのです。

リスクがともなうため、初心者にはおすすめできませんが、高い利益を目指すために欠かせない取引方法となるでしょう。

ネット証券
初心者ならこちらで株の口座開設しましょう。ネット証券に関する詳しい情報が満載です。
netsec.sakura.ne.jp/