歯科衛生士資格取得方法

歯科衛生士とは歯科衛生士法に基づいて設置されています。

歯や口腔疾患の予防処置、歯科診療においての補助や歯科の保健指導を行う事ができます。

歯科衛生士の資格は、高校卒業後に養成施設に進学して国家試験に合格することで厚生労働大臣から付与されます。

専門学校の歯科衛生士養成学科などで3年間の修業が必要になります。

歯科衛生士は歯科助手とは違い、口腔内の歯石を取ったり、研磨器具を使用することができます。

そのために多くの勉強や実地訓練などが必要になります。

歯科衛生士の資格を持った方は、歯科医に必ず必要になりますので、求人が多くあるのも現状です。

また小学校や幼稚園などにおいての歯磨き指導などを行う場面もありますので、やりがいのある仕事であるともいえるでしょう。

歯科衛生士の資格取得に向けた勉強を専門学校で行いながら、歯科医院で歯科助手としての仕事を行う事を公認している専門学校もあります。

日中歯科医院で働きながら実地経験を積み重ね、夜学で歯科衛生士の資格取得に向けた勉強をすることも可能です。

歯科医院からは給与が出ますので、学費を捻出したり生活費に充てる事も可能です。

歯科衛生士を養成するための専門学校は全国各地にあります。

通いやすいところに学校があるかどうか、一日の授業カリキュラムなどを事前に調べることもお勧めです。

また進学を希望する専門学校内での卒業後の進路や求人情報などの情報を得ることも必要です。

多くの歯科衛生士養成専門学校ではオープンカレッジなどを開催していますので、事前に足を運ばれるのもいいですね。