PAGE TOP

NISAとは?株初心者は5年後のデメリットと注意点を知ろう

NISAとは、NISAの口座で毎年一定の範囲内の株式売買から得られた利益が非課税になる制度です。
TOPPAGE > NISAで取引可能な商品はというと、ざっく

NISAで取引可能な商品はというと、ざっく

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型になります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もし投資自体が初めてという方であれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。