PAGE TOP

NISAとは?株初心者は5年後のデメリットと注意点を知ろう

NISAとは、NISAの口座で毎年一定の範囲内の株式売買から得られた利益が非課税になる制度です。
TOPPAGE > NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAとは簡単に言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

一応解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引を例に考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。