PAGE TOP

NISAとは?株初心者は5年後のデメリットと注意点を知ろう

NISAとは、NISAの口座で毎年一定の範囲内の株式売買から得られた利益が非課税になる制度です。
TOPPAGE > NISAに失敗してしまうのはどのような

NISAに失敗してしまうのはどのような

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、ネット証券がおすすめです。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。