PAGE TOP

NISAとは?株初心者は5年後のデメリットと注意点を知ろう

NISAとは、NISAの口座で毎年一定の範囲内の株式売買から得られた利益が非課税になる制度です。
TOPPAGE > NISAは非課税というメリットがある

NISAは非課税というメリットがある

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの口座開設を検討しているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更できるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーついては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料が0円であること、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。