PAGE TOP

NISAとは?株初心者は5年後のデメリットと注意点を知ろう

NISAとは、NISAの口座で毎年一定の範囲内の株式売買から得られた利益が非課税になる制度です。
TOPPAGE > NISAの投資信託は初心者向けとなります。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAとは何かをシンプルに言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。