PAGE TOP

NISAとは?株初心者は5年後のデメリットと注意点を知ろう

NISAとは、NISAの口座で毎年一定の範囲内の株式売買から得られた利益が非課税になる制度です。
TOPPAGE > NISAで1万円から投資をしてみたい

NISAで1万円から投資をしてみたい

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株式取引を例に考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

5年間までという制限があるのですが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。