水冷チューブって何?

水冷チューブは、地味ながらパソコンの水冷になくてはならない重要なパーツです。

パソコンの熱対策に水冷キットを導入する動きが増えています。

パソコンの熱問題は頭の痛い問題です。

高い性能の部品であればあるほど発熱量が大きくなり、さまざまなパーツをつなげればつなげるほど発電量が大きくなる。

その結果パソコン内部に熱が溜まってしまい、動作が停止したり、最悪故障するケースもあります。

かといって空冷で冷やそうとするとファンの騒音が大きくなってしまう、そんなジレンマがありました。

水冷式ならそんな問題もなく効率よく、静かにパソコンを冷却することができます。

最大のポイントとなるのが冷水の循環。

リザーバー内にためた冷水をポンプによって熱を発する部品へと循環させて冷やしていくというシステムをとっています。

水で直接冷やすのですから、当然空気よりも冷却効果は高く、また空冷ほどファンの回転数も必要ないため、騒音の問題も気になすることなく熱問題を処理することができるのです。

水冷チューブはそんな水冷における冷水の循環に欠かせない役割を果たすものなのです。

しっかりしたチューブを取り付けないと水漏れのリスクが生じます。

パソコン部品は水に弱いですから、もし水漏れなどしたらすぐに故障の原因となってしまうのです。

また、小型パソコンの場合、限られたスペースの中に水冷システムを設置することになるため、相応しい長さの水冷チューブが必要になります。

逆にパソコンの発熱量によってはより多くの冷水を循環させるために太いチューブが必要になる場合があります。

つまり、水冷チューブの選択いかんによって、水冷システムがうまく機能するかどうかが決まってくるといっても過言ではないのです。