ワキガとは?

ワキガは漢字では「腋臭」と書き、“えきしゅう”といわれます。

ワキガは汗が細菌によって分解されることで臭いが発生してしまいます。

ワキガを改善する上で重要な点は汗そのものが臭うのではなく細菌によって臭いが発生するという点です。

ワキガの対策や予防では大きく分けて“汗への対策”と“細菌への対策”という二つの対策があります。

では、ワキガの理由と対策についてご紹介しましょう。

〈ワキガの理由〉ワキガは汗と細菌によって起きます、ワキガが強いといっても“細菌の量の多い人”や“汗の多い人”の二つが挙げられます。

細菌の量が多いということは、細菌の出す臭いも多くなります。

また汗の多い場合には湿気を好む細菌の繁殖が活発になり、臭いの発生が多くなります。

細菌と汗が原因ということからワキガ対策には菌対策と汗対策があります。

〈ワキガ菌対策〉菌対策では除菌を行い、菌の絶対数を減らす事で臭いの発生を抑える事ができます。

また、脇毛などは菌や臭いを溜めてしまう役割もある事から、剃る事でワキガを軽減する事ができます。

〈ワキガ汗対策〉汗に関する対策では汗を少なくするという対策を行います。

脇汗パッドなど汗を吸収し臭いの原因を抑制する対策や、汗を抑えるサプリメントや薬などの服用など脇汗対策も非常に多くの方法があります。